登れない初段をなくす

初段

皆さんの最高グレードはどのくらいですか?

いくつ下のグレードなら「そのグレードに登れない課題なんてない」って言えますか?

僕の最高グレードは四段ですが、登れない初段があります。

それもたくさん。

リーチとかじゃないです…

技術が足りていません。

一課題や二課題なら放置してもいいかもしれませんが…

いや、放置はいかんですね。

この記事は、僕の弱さを公開する記事…

本当は見栄を張ってこんな記事書きたくはなかったんですが、向き合うことを選びました。

弱点を無くすには、”できない課題”あるいは”苦手な課題”から逃げないこと。

”出来なかった課題”を放置し続けないこと。

登れない初段をなくす

僕は思いました。

自分は何段クライマーと呼べるのか。

ジムの常連さんと話していて、

「ぶちょーもとうとう四段クライマーか〜」

なんて言われて、”なんか違う、四段クライマーなんて呼ばれるほどの実力はまだない”と思ってしまったんです。

それはなぜか。

四段一本だし!

三段だって10本未満。

登れていない二段はたくさん。

ん…?待てよ…

忘れてた。

登れていない初段もたくさんあるじゃないか…

僕が一般クライマーなら、最高グレードは別にそこまで気にしてなかったと思います。

「かっこいい課題を登れるようになりたい」

そう思って登っていました。それは今も変わらないです。

僕が憧れるかっこいい課題はほとんどが高グレード。

だから、強くなるために少しずつグレードを上げて登っています。

多少の承認要求はありましたけど。

こんな感じでした。

けれどなっちゃったんですよね〜…

「クライミングジムの店員」に。

ジム店員の強さはやはり権威付けの面から必要です。

4級クライマーが教えます!

より

五段クライマーが教えます。

のほうがいいですよね。

五段登れないですけど。

で、自分が「本物の四段クライマー」になるにはどうすればいいのか考えました。

これからは、もっと多くの四段を登るのはもちろんですが、今までついつい後回しにしていた「できない初段をなくしていこう」と思います。

登れない初段

ホントは書きたくないんです。

なんだ、こいつ実はたいしたことねえな。

って思われるの怖いですから。

でも、この記事を書くことで思い出し、皆に知られ、トライせざるおえなくすれば…

登れない初段がなくなるんじゃないか…

登れない初段をなくせば、もう少しだけ強くなれるのではないか。

土台を鍛えます。

これが強くなるためには間違っていないという証明になればいいなぁ。

では、登れない初段。

書いていきます。

「登れない初段」を思い浮かべてまず出てくるのは

御岳ボルダー「鵜SD」

何を隠そう、かれこれ五年以上の付き合いです。

大学だったら一年留年してますよ。

ひぃ。

いつも疲れている時に行くから。

とか、

状態悪い時にうってるんじゃないの?

なんて言われますが、そんなことないです。

フレッシュな時に登っても、弱くて登れません。

保持力及びひきつけ力不足。

足も上手く使えていない。

次に…

笠間「エモーションSD」

またSD。こいつも因縁の課題。

日帰りで行くたびにトライし、敗退。

5日間くらい繰り返しています。

あれ?6日使っているかな…

どちらにせよ、たくさんトライしてます。

ヒールをかける時に、腰が岩から離れる…

はい。股関節が硬いせいです。

これを登るために、僕ができることは二択。

ヒールかけて腰が離れても保持していられる”強靭な”保持力をつけるか、股関節柔らかくするか。

うん。保持力つけよう。

あれ?結局、不得意から逃げてます?

次、

瑞牆「十六夜」

スラブですね。

名前も岩もかっこいい。

チョー登りたいと思い意気揚々とトライ。

3歩目、核心が立ち込めずに落ち帰ること3日。

心折れかけ。

次、

小川山「穴フェース」

「エイハブ船長」とか、「穴社長」とかある岩、クジラ岩。

ガヤガヤしている表の課題たちに比べれば、かなりひっそりとたたずんでいる印象。

意外とこの課題登っている人、少ないのではないでしょうか…

高さもありますからね。

これができれば、ヘヴンズ・ゲート二段の扉が開きます。

穴フェースは中間、右のスラブ面に抜けていきますが、ヘヴンズ・ゲートはしっかり直上。

高さもあがり、大変危ない課題に見えます。

実際やばいのでしょうが…

やばそうなのってなんであんなにかっこよく見えるのか…

不思議だな~。

ヘヴンズ・ゲートが登りたい!と思ってまずはやってみた穴フェース。

敗退。

扉見えず。

次、

ローカルエリアの初段。

この課題はまだいい時期にトライできていなく、冬のいい時期に行けば…

なんて思っているんですが…

まあ、「四段クライマー」目指すなら、状態の悪い初段くらいは登れないとですね。

今、ぱっと思いつくのはこんな感じです。

まだ、敗退かまして放置している初段あるんだろうな~…

これらをまずは登り、苦手を克服。

次は登れない二段を無くさないと。

う~ん。果てしない。わくわくしますね!!

今回記事に書いた初段たちを登ることができれば、「四段クライマー」に一歩近づけるはず。

僕の生涯目標2課題。

初段で苦戦している場合じゃないぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です